• 平成24事業年度事業報告書

    1.機構の業務内容、事務所の所在地 (1)業務内容 a) 農水産業協同組合貯金保険法(昭和48年法律第53号)に基づく業務 ① 保険料の収納 ② 貯金者等に対する保険金等の支払 ③ 経営困難農水産業協同組合に係る合併等(付保貯金移転を含む)に対する資金援助(金銭の贈与、資金の貸付け又は預入れ、資産の買取り、債務の保証又は引受け、優先出資の引受け等及び損害担保) ④ 追加的資金援助 ⑤ 貯金等債権の...

  • ④沿革、資本金、構成員、組織

    1.制度の目的貯金保険制度は、信用事業を行っている組合(農協、漁協、水産加工協、信農連、信漁連、水産加工連、農林中金、特定承継会社*をいう。)に万一経営破綻が生じた場合、その貯金者に対し、機構が保険金の支払いと貯金等債権の買取りを行うほか、経営困難組合(主として信用事業に起因して経営が困難となった組合に限る。)に係る合併等に対する適切な資金援助、管理人による管理及び金融危機に対応するための措置等に...

  • 貯金保険制度のQA_Q6

    Q6 農協系統では、「JAバンクシステム」を構築していますが、どのような仕組みですか。

  • 貯金保険制度のQA_Q5

    Q5 貯金保険制度と預金保険制度では、それぞれの貯金者・預金者保護の内容に違いがありますか。

  • 平成22事業年度資金援助の実績

    資金援助の実績 (平成23年3月末現在) 鹿児島市農協 トキワ園芸農協 黒井漁協 高松東部農協 広陵町農協 栃木市農協 舞鶴信用漁協 道下信用農協 名瀬市農協・笠利町農協 長崎市式見漁協 長崎市農協 萩小畑漁協・大井浦漁協 釧路市農協 日生町信用農協 湧別町畜産農協 沖縄県下8農協 与那国町農協 八千代町農協 広島安佐農協 府中市農協・新市農協 鶴見町漁協 大原町農協

  • 平成21事業年度資金援助の実績

    資金援助の実績 (平成22年3月末現在) 鹿児島市農協 トキワ園芸農協 黒井漁協 高松東部農協 広陵町農協 栃木市農協 舞鶴信用漁協 道下信用農協 名瀬市農協・笠利町農協 長崎市式見漁協 長崎市農協 萩小畑漁協・大井浦漁協 釧路市農協 日生町信用農協 湧別町畜産農協 沖縄県下8農協 与那国町農協 八千代町農協 広島安佐農協 府中市農協・新市農協 鶴見町漁協 大原町農協

  • ②業務内容

    農水産業協同組合貯金保険機構(以下「機構」という。)が行っている主たる業務は、次のとおりとなっています。1.農水産業協同組合貯金保険法に基づく業務●保険料の収納業務 機構は、貯金保険制度に加入している農水産業協同組合(農業協同組合、漁業協同組合、信用農業協同組合連合会、信用漁業協同組合連合会、農林中央金庫等)から、毎年、保険料を徴収し、貯金保険制度の運営原資としています。 保険料の金額は、貯金等の...

  • ①概要(貯金保険機構の役割)

    貯金保険機構は、農水産業協同組合の貯金者を保護する機関です。  貯金保険機構は、農水産業協同組合(農協・漁協)の貯金者の保護及び経営困難農水産業協同組合に係る資金決済の確保を図り、もって信用秩序の維持に資することを目的としています。  農協・漁協は、信用事業以外に、経済、共済事業等も兼営する総合事業体であり、このことが銀行等他の一般金融機関との大きな相違点となっていることから、預金保険機構とは別に...

  • 概要(貯金保険機構の役割)

    ◎貯金保険機構の役割 貯金保険機構は、農水産業協同組合の貯金者を保護する機関です。 貯金保険機構は、農水産業協同組合(農協・漁協)の貯金者の保護及び経営困難農水産業協同組合に係る資金決済の確保を図り、もって信用秩序の維持に資することを目的としています。 農協・漁協は、信用事業以外に、経済、共済事業等も兼営する総合事業体であり、このことが銀行等他の一般金融機関との大きな相違点となっていることから、預...

Scroll To Top