• 貯金保険制度及び貯金保険機構の概要
    Ⅱ.貯金保険の仕組みと現状

    1.保険関係 (1)保険関係の成立 貯金者が組合に貯金を預け入れると、その貯金の払戻しにつき、一定の金額の範囲内で、その貯金者、組合、貯金保険機構の間に自動的に保険関係が成立する。 すなわち、貯金者を保険金受取人として、組合は保険料を負担し、組合に万一保険事故が発生した場合に貯金保険機構が保険金を支払うという三者間の保険関係が、貯金者あるいは組合が個別に保険の加入手続をとることなく成立し、その組合...

  • 平成12事業年度損益

    Ⅳ.損益の状況 2.特別勘定 第1表 平成12事業年度損益 (単位:百万円) 項目 一般勘定 特別勘定 計 保険料収入 12,568 8,379 20,947 資金援助事業収入 34 0 34 資産運用収入 2,548 446 2,993 その他収益 0 0 0 収 益 計 15,150 8,825 23,975 資金援助事業費 13,996 0 13,996 その他費用 509 0 509 費 ...

  • 平成12事業年度貯金保険機構年報 
    Ⅳ.損益の状況

     一般勘定と特別勘定の損益の状況は次のとおりである。 1.一般勘定  平成12事業年度における損益について収益面では、保険料が12,568,348千円、資金援助事業収入が33,915千円、資産運用収入等が2,547,941千円で、総額15,150,205千円となった。  費用面では、鹿児島県信農連に対する資金援助496,000千円、東長崎農協に対する資金援助13,500,000千円、一般管理費の支...

  • 平成12事業年度貯金保険機構年報 
    Ⅲ.庶務事項

    1.運営委員会等の開催   平成12事業年度において、次のとおり運営委員会を3回開催した。 (1)  第1回は、平成12年6月21日に「平成11事業年度決算について」を議題として開催した。提出議案については、原案どおり議決された。 (2)  第2回は、平成13年2月22日に「山口県阿武萩地区2漁協に係る資金援助について」及び「今後の貯金保険機構の資金援助について」を議題として開催した。提出議案につ...

  • 平成12事業年度貯金保険機構年報 
    Ⅱ.業務の概況

     当機構は、前記の系統信用事業を巡る情勢を踏まえ、貯金者の保護を図り、信用秩序の維持に資することを目的として、平成12事業年度に次の業務を行った。 1.保険料・特別保険料の徴収 (PDF形式)  平成12年の保険料については、各農協、漁協及び受託金融機関の協力により適時に全額納付された。保険料・特別保険料の対象組合数及び金額は、農協で 1,484組合、保険料 12,148,977千円、特別保険料 ...

  • 平成12事業年度貯金保険機構年報

    平成12事業年度の概況 Ⅰ.一般情勢 Ⅱ.業務の概況 1.保険料・特別保険料の徴収等 2.資金援助の実施 3.調査業務の実施 4.保険金支払業務等システム開発 Ⅲ.庶務事項 1.運営委員会等の開催 2.役員等の異動 3.組織体制の整備   Ⅳ.損益の状況 1.一般勘定 2.特別勘定 第1表 平成12事業年度損益 第2表 貸借対照表及び損益計算書 (一般勘定) (PDF形式) (特別勘定)...

  • 契約に関する情報

    農水産業協同組合貯金保険機構会計規程(抄) 承認 昭和48年9月14日 農林省指令48農経A第1390号 第8章 契 約 (契約の方法) 第33条 機構の契約は、一般競争入札によることを原則とする。 (指名競争入札) 第34条 機構の契約が次の各号の一に該当する場合には、前条の規定にかかわらず、指名競争入札の方法によることができる。 一 契約の性質又は目的により、競争に加わるべき者が少数で一般競争...

  • 2.農水産業協同組合に求められるデータ整備等

    (1)データ整備とシステム対応の必要性 貯金保険制度の下では、農水産業協同組合が貯金等の払戻しができなくなった場合などに、貯金者の保護及び破綻農水産業協同組合に係る資金決済の確保を図り、信用秩序の維持に資するために、貯金等が保護されています。このため、貯金保険機構は、付保貯金を特定し、貯金者ごとの付保貯金額の算定などを迅速に行う必要があります。同一の貯金者が当該農水産業協同組合に複数の貯金口座を有...

  • 1.貯金保険制度の仕組み

    (1)貯金保険の役割と運営主体農水産業協同組合貯金保険制度(以下「貯金保険制度」といいます)とは、農水産業協同組合が貯金等の払戻しができなくなった場合などに、貯金者等(以下「貯金者」といいます)を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。 我が国の貯金保険制度は、「農水産業協同組合貯金保険法」(昭和48年7月法律第53号。以下「貯金保険法」といい...

  • 貯金保険制度の概要

    貯金保険制度は農協・漁協の貯金を守ります。 貯金保険で保護される貯金等の保護の範囲については、金融機関が多額の不良債権を抱え、信用不安を醸成しやすい金融環境にあったことなどを背景に、平成8年に貯金等全額保護の特例措置(ペイオフ凍結)がとられました。その後、金融システムの安定化に伴い、平成14年4月からは、定期貯金等の一部の貯金等については定額保護に移行となり、ペイオフの一部解禁が行われました。 平...

Scroll To Top